“自宅”で暮らす要介護者の日常生活の支援を行う介護スタッフ。
介護保険上では「訪問介護員」と呼びます。決められた時間に要介護者の自宅を訪問し、必要な介護サービスを行います。どんなサービスを行うかは、要介護者の状況によって異なりますが、あらかじめケアマネージャーやサービス提供責任者と利用者や家族との相談の上決定されています。サービスは身体介護と生活援助の主に2つに分けられます。

  • 入浴介護(身体介護)

    身体を清潔に保つだけでなく、リラックスや安眠、血行促進、

    感染症や褥瘡(じょくそう)の予防など心身にさまざまな良い

    効果をもたらします。しかし、特にご高齢者の入浴は転倒事故や血圧の変化など

    事故への十分な注意が必要です。

  • 排せつ介護(身体介護)

    排泄介助とは、ひとりでは排泄の行為・動作が難しくなった方や、排泄機能に障害がある方を手助けすることをいいます。

    具体的には、トイレへの誘導をはじめ、排泄の手伝い、オムツ交換なども行います。

  • 食事介護(身体介護)

    食事の介助とは、ひとりでうまく食事ができない方のために

    介助を行うことをいいます。食事介助では、摂食介助だけを行うのではなく、利用者の食前・食事・食後の食事環境をトータルでサポートしていくことが重要になります。

  • 生活介助

    生活介助とは、利用者本人や家族が行えない日常生活の家事を介護士の視点をもって代行するもの。介護保険が適用されるサービスです。

    利用者のからだには直接触れない・利用者が生活するスペースの

    掃除・洗濯・買い物・見守り等を行います。

  • 記録

    介護記録とはごりご利用者様がどのように過ごしたか、血圧・体温などのバイタルや病状などがどう変化したか、ご利用者様に対してどのようなサービスが行われたかを記録する日々の記録のことです。

    ご利用者様の生活全般の変化の様子やサービスが適切に行われていたかをチーム全員で把握する重要な資料でもある介護記録。

    丁寧に記載しておくことでそれまでのケアを見直し、質を高めるためのきっかけにもなります。

応募する